【転職】中途採用に求められているものとは?

中途採用・新卒採用との違い

中途採用、新卒採用との最大の違い

「これまで何をしてきたのか?」で評価されるのが中途採用

「これから何ができそうなのか?」が新卒採用

企業が中途求人を行うのは、即戦力となる人材を求めているからです。

今までの実績やスキルが重視されるのが中途採用の特徴になります。

また、社風が凝り固まらないよう、新たな人材を採用したり、

他業種のノウハウの吸収のため、別の業界からの人材を求めることもあるようです。

 

一歩踏み出した考えが大切!

新卒採用では「学びたい」「実現したい」など、意欲や向上心が前向きなアピールとして通用していました。

しかし、中途採用者にその更に先を踏み出したものを求めています。

「そのためにどうすればいいか」「どうしてきたか」という具体的な解決方法の部分です。

未経験の分野であっても、自分のこれまでの経験やスキルの応用方法を考え、

どう活躍できるのかの具体的なビジョンを提示することが必要になります。

応募先の企業がなぜ中途採用求人を行っているのか?

求められている役割を理解した上で面接に臨むことで、採用したい人材のアピールが可能になっていきます。

中途採用の面接で聞かれること

「転職理由」は絶対に聞かれる!

絶対に尋ねられる「転職理由」

素直にネガティブな理由を述べるのは禁止事項です。

退職したい理由にネガティブな理由がある事自体は当然ですが、

前向きな姿勢を感じられない転職理由では面接官のイメージも悪くなってしまいます。

また、マイナスな環境を転職だけで解決しようと思われてしまうような回答も控えましょう。

逃げで転職したと思われてしまった場合、「すぐに辞めてしまう人」という印象になることも。

自分がなぜ転職しようとしたのか、面接官を納得させるような理由をしっかり用意しておきましょう。

「経験」「スキル」は魅力として伝わる!

中途採用で合否に大きく関わる要素なのが「経験」と「スキル」

書類だけでは伝わらないことも沢山あるので、

伝えきれない部分もしっかりとアピールすることが大切です。

その中で気をつけたいのが、アピールする経験やスキルの選び方。

応募先の企業を調べず、いつも同じものを選んでいませんか?

面接で伝えるべきなのは、自分が就きたい企業でどう活躍できるのか?です。

先を見据え、経験がスキルがこの企業にはこういう理由でプラスになることを伝えましょう。

同業種で転職の場合には経験を積極的にアピールすることとで、

即戦力であることを伝えられるでしょう。

自分の経験やスキルを、応募先の企業と照らし合わせた上でアピールするポイントを決めましょう。

「よくある質問」には対策を!

「仕事で大切にしていることは?」「転職前のこれまでの成功体験は?」など、予測できる質問には対策を練っておきましょう。

ただし、仕事に対して強すぎるこだわりを見せるのはNG。柔軟性がないと思われてしまいます。

転職ではすでにできあがっている人間関係に入るため、職種や業種を問わずコミュニケーション力や協調性が重視されます。

周囲とのコミュニケーションを大切にしながら仕事を進められる点も併せて伝えることを心がけましょう。

もしも予想外の質問を受けた場合、黙り込んだり行き当たりばったりに話し出すのもNGです。

相手の質問の意図を汲み取り、何を聞かれているのか?しっかりと把握したうえで回答しましょう。

話を組み立てるのに時間がかかる場合、

面接官に「少し考える時間をいただけますか」と尋ねたり、

「この質問は○○ということですか?」と質問の意図を尋ねて、考えをまとめることが大切です。

 

転職は人生の中でも大きな決断です。

かといって、合わない会社にいても仕事へのやりがいが見いだせなければ、

苦痛でしかないのは人生としてとてももったいないことだと思います。

自分が生涯誇れる仕事を見つけるためにも、より良い転職活動の力になれたらなと思います♪

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう