【My マネジメント】メリハリが重要!何をするにしても切り替えの管理が大事!

自己管理をする中で、時間管理って中々難しくありませんか?

人間ってそもそも集中できる時間って長くないんです。

どれくらいの時間だと思いますか?

実は…「15分」なんです。短いですよね?

「俺は、私は、1時間集中できるけど?」

という意見ももちろんあると思います。

でも、「15分」ということには理由があります!

15分・45分・90分の体内時計

体内にはこの時間の間隔が結構正確に備わっているんです。

「15-45-90の法則」と呼ばれています。

基本的には15の倍数であることがわかると思います。

通勤の合間で意外と集中できた時ってありませんか?

ふと気づいたら大体15分前後だったりします。

小学校の授業は45分前後です。

これは子供が集中力を保てるのがこれくらいと言われています。

ドラマもCMを除けば45分くらいなんです。

大人も力まず集中できるのって45分くらいということなんですね。

それと、大学生の講義になると90分に伸びますよね?

こちらは大人の集中できる限界の時間なんです。

ただし、90分は合間に休憩や気分転換などが必要になりますが…

サッカーも1試合90分ですが、前半後半で45分区切り、間に15分の休憩がありますよね?

これって、プレイヤーも、見る側も丁度いい時間で区切られているんですね。

濃厚な集中力が「15分」

ということなんです。

この時間は何よりも集中出来る上に吸収もしっかり出来る時間なんです!

作業するのにもやはりこれくらいの時間で終わらせる方が

脳的にも負担が少なくて疲れにくいんです。

でも、そんな短時間じゃ作業できないよ!という人もいると思います。

今している作業を細かく分割をして、15分のプランを作るんです!

メールなど作るとしても、15分で作り上げたものと30分かけて作ったものでは、

倍以上の仕上がりになるのでしょうか?

実際の所、誤字脱字・言葉のチェック以外は品質はそこまで大差がない様に思えます。

もしするのだとしたら、15分で内容の書き上げ、5分ほどリフレッシュします。

10分で細かい所のチェックをしてしまえば同じ時間でもダラダラしない分、疲れは貯まりにくくなっているものなんです。

自分で15分あるいは多少前後しても20分区切りくらいで、時間をプランニングしていくことで、仕事の質を上げることができます!

是非、集中できていないなと思う人は今やっていることの時間を計ってみてください!

90分のリズム

人間の身体には体内時計。これは意外と正確なリズムを刻んでいます。

習慣化された規則正しい時間を送っている人が、毎朝同じ時間にすっと起きれたり、

同じ時間帯にお腹がすいたりと、身体がルーティン化されていることってありませんか?

24時間周期でも人間の身体には刻まれているものが沢山あったりします。

また、90分周期のリズムといえば、レム睡眠とノンレム睡眠の周期が90分だったり、

脳内の覚醒度合いも90分周期変化したりしています。

高い覚醒度合いを90分続いた後は20分ほど眠気を感じることが交互にサイクルされていたりと、

無意識的の中でかなり繊細な時間管理が行われているんです。

これを理解するのとしないのでは、時間管理をする中では大きな損をしてしまいます。

脳が無意識的な時間管理をしてくれているにもかかわらず、無理やり詰め込むと返って悪影響になる可能性もあります。

自身の時間管理をしっかりと行い、余計な時間をつくらずしっかりと気分転換を短時間でもいいので取るようにしていきましょう!

 

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう