台湾に行って思ったこと。優しさを売る仕事がある。

「優しさを売る仕事」

ニーハオ!台湾帰りのチェンです
台湾に行って思ったのは

【ドリンクスタンドがやたら多い】
【外食文化なので朝ごはんをお店で格安で食べれる、しかも美味い】
【電車で座ってる女の子のパンツ結構見れる、はず】
【色んな理由があるんだろうけど、親日】
【自分にも他人にも優しい】

マッサージ店(普通の)に行く際に道に迷って地図見てたら声掛けられました♪
【May I help you??】
徒歩10分ぐらいのお店まで親切に連れて行ってくれました
そしたら移転してて別のお店が近くにあるからそっちに行こうと
疲れてたんで断ってタクシーに乗ってホテルに帰っちゃうような僕ですが(一応姿が見えなくなってから)

困ってる時のMay I help youは本当に嬉しい!
優しさとお節介は紙一重だと言いますが
優しさが欲しい人への優しさ提供なら間違いなし

日本代表、セネガル戦が観たくて台北市内をうろついていて見つけた一軒のBAR
【日本戦見れますか?】
【見れるよ!一緒に応援しよう!】
【閉店時間24時になってるけど、モウマンタイ?】
【そんなの気にするな!閉店時間は俺たちが決める!(客)】
ゴール決めると一緒に喜んでハイタッチ、アイスとピザを奢ってくれて
試合終わった瞬間に他のお客さんは帰宅、社長はアプリでタクシーも呼んでくれた

日本に帰国して新宿でバス下車したら
道を聞いてる外国人に仕事忙しいから後にしろ!と怒鳴りつける荷物出しの日本のバス従業員

皆さん、生きるのに必死で優しさを忘れてはいやしませんか?
色んな手段・方法があると思いますが、優しさを売る仕事なんていかがでしょう?

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう