年賀状はスマホで作る時代です。

志木市に引っ越して一か月、ようやく生活に慣れてきたというか
志木駅に着いた瞬間、帰ってきたという気持ちが出始めたモンモンです

やはり僕にもストレスはあるようで、この1か月で3キロも太ってしまいました
一昨日から慌てて炭水化物抜き生活を強く意識する生活に戻り
早速1キロ落ちました。

そんな2キロ太ってる僕が紹介するのが

【スマフォで年賀状】

まだ早い?冗談だろう、、、!!??
年賀状はお早めにと嵐も毎年言っております

■『スマホで年賀状』:「安い」を重視する人向き


https://app-liv.jp/728374868/
基本料金や宛名印刷は無料。さらに年賀状の一般的な投函枚数である10通~29通の場合、1枚のはがき代+印刷代は133円(税込)。年賀状アプリの中でもトップクラスにおトクな料金。またスマホカメラではがきの宛名面を撮影するだけで、宛名印刷に使用する住所録の作成が可能。スキャン機能は無料で使えます。

■『スマホで写真年賀状』:「早さ」重視の人向き


https://app-liv.jp/933687137/
翌日発送の締切が24時まで、とギリギリまで受け付けてくれるありがたい年賀状アプリ
注文は1枚から可能。基本料金や送料もかからないので、「手元の年賀状が足りなくなってしまった……」なんて時でも気軽に追加注文できる

■『つむぐ年賀』:「デザイン」重視の人向き


https://itunes.apple.com/jp/app/%E5%B9%B4%E8%B3%80%E7%8A%B6%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-%E3%81%A4%E3%82%80%E3%81%90%E5%B9%B4%E8%B3%802019/id1027707929?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
『つむぐ年賀』の特徴はデザイン性の高さ。ド定番な写真メインのものは少なく、どれも写真レイアウトやイラスト、フォントに遊び心があるものばかり。デザインが凝っていることもあってか印刷代は高めだが、基本料金もなく、十分良心的な価格に抑えられているのがポイント

■『ぽすくま』:LINEの友達に年賀状を送りたい人向き


https://itunes.apple.com/jp/app/line/id443904275?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
『LINE』の[ウォレット]→[公式アカウント]へ進み、検索欄から『ぽすくま』を友だちに追加。
『ぽすくま』は相手の住所を知らなくても、LINE友達に年賀状を郵送できるサービス
送りたい友だちを選ぶと相手に「年賀状受け取りの確認」のLINEが届き、受け取り手続きをしてもらえれば年賀状が郵送される仕組み

まとめ

子供のころはワクワクドキドキしながら友達や親せきに年賀状を送っていた思い出ありませんか?
携帯電話が普及していく中、年賀状を出さなくなってしまった方も多いと思いますが
今年はアプリで簡単に大事な特別なあの人へ年賀状を送ってみませんか? (^-^)v

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう