Facebook 規制緩和へ!

Facebookは多くの広告を取り扱ってる中で、広告規制の緩和を一部始めるそうです。

これは、現代社会の移り変わりが大きく影響を受けていることがわかる内容だなと思います。

今までの広告は、バイナリーオプションなどの金融商品に加えて、ICOや仮想通貨などの広告を全面的に禁止にしていました。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格が上昇した際、

仮想通貨全般およびICO、仮想通貨に関する金融商品であるバイナリーオプションなど

仮想通貨業界で詐欺的な行為の横行していたことや価格上昇に伴うさらなる混乱を回避する目的の為だと思われます。

ブロックチェーンに関する広告ポリシーが緩和されたことより、

今後は仮想通貨に関連するブロックチェーン技術、業界ニュース、教育、イベントの広告については、事前承認が不要になるという。

仮想通貨そのものや取引所、マイニング用のハードウェアやソフトウェアなどの広告は、従来通り事前承認が必要になりますが。

厳正な審査で行われるため、詐欺に発展する可能性があるもや複雑な金融商品は禁止になります。

バイナリーオプションとICOの広告も引き続き禁止は変わらないですね。

Facebook社はブロックチェーン企業を買収したり、独自仮想通貨の発行を予定していることが報じられています。

同社のこうした仮想通貨業界に対する姿勢の変化も、今回規制緩和に至った理由のひとつとして考えられます。

世界最大のIT企業の一角であるFacebookですが、仮想通貨やブロックチェーン業界に対しても大きな影響を与えていきそうですね。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう