【便利ツール】コーデックエンジンのご紹介

今回も興味がない人には全く響かない系のサイト紹介ですが
便利なので、ほんのちょっとでもHTMLに興味があればブックマークだけしといて損はないです。

htmlのclass名やid名って英語で指定するので翻訳が面倒だったり、class名何にしようかな、、
的なことがよくあるんですが、日本語で入力するとよくHTMLで指定してあるようなclass名に変換してくれるサイトです。

https://codic.jp/engine

画面左の「日本語を入れるとネーミングを生成します」というところに文字を入力すると
画面右側に英語で表示されます

例えば
・メイン画像
・メインのスライド画像
・記事詳細

を入力すると
・main_image
・main_slide_image
・article_detail

とunderber区切りでclass名を生成してくれます。
生成の方式は
左上のハンバーガーメニューのすぐ右横の「a_a」から変更可能で
camelcaseとかハイフネーションとか、よく使われる記述方法にすぐ変更できるのも楽ちんです。

何度か使っていくうちに
ただ翻訳して、分解してhtml風にしているだけなのに気付くんですが
なんか納得いかないclass名が出た場合は
英単語をクリックすると、他候補をリストアップしてくれるので中々良いです。

「翻訳サイトで翻訳」→「class名に落とし込む」というステップを省けるので
長い目で見て作業効率をあげてくれます。

以上になります。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう