エクセルの便利機能『マクロの記録』がくっそ便利です。

本日はエクセルの便利機能『マクロの記録』をご紹介します。

エクセルの上部の『開発』⇒『マクロの記録』
一連の作業に任意の名前を付けて記録を開始すると記録開始からの編集作業を覚えさせることができます。
作業を終えたら『記録終了』を忘れないようにご注意ください。

※開発タブが初期表示されてない場合があります。その場合にはエクセルオプション⇒基本設定⇒開発タブを表示するにチェックをしてください

続いて『開発』⇒『挿入』からボタンを設置。
ボタンを右クリックしてマクロの登録でさっき記録させたやつを設定。

あとはボタンを押すだけで同じ作業を一瞬で行ってくれます。
お決まりの作業を繰り返す必要がある場合には圧倒的に作業が楽になります。

また「Alt+F11」を押すと記録した内容の一連の動作が文字で確認できます。
これを直接編集すると更に高度な処理&簡略化が行えます。

『マクロの記録』⇒『Alt+F11』を押すと作業している内容がどういう書き方(プログラム)されているかリアルタイムで確認することもできます。
ここに書かれてる文字がVBAというもので、マイクロソフトオフィス独自のプログラム文章になります。

分かってしまうと非常に簡単でVBAを入り口に、PHP等のプログラムを覚えたというシステム屋さんも沢山いるので覚えて損はないと思います。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう