【衝撃】金持ちと貧乏人の行動の違い6選

■お金持ちと貧乏人の習慣と行動の違い その1

『貧乏人は負債に投資をするが、お金持ちは資産に投資をする』
この言葉はお金持ちと貧乏人の最大の違いについて、的確に述べた言葉でもあります。

貧乏人は負債をお金を生み出す資産だと思い込み、そこに貴重なお金を湯水のごとく
注いでいきます。
しかし、その注いだお金が自分の手元に戻ってくることはありません。
なぜならそれは、あなたから無駄にお金を吸い取る負債だからです。

主に家のローンから自動車のローン、はたまたギャンブルに使うお金などこれらはすべて
貧乏人が資産と思い込んでいる思い込んでいる代物たちです。
彼らは一生懸命ここにお金をつぎ込みますが、返ってきてもごくわずかです。

一方でお金持ちたちは何に対して投資をすべきなのかを瞬時に判断する能力を備えています。
なので、どれが自分に対してお金を生み出してくれるか? 無駄なお金になるのか?を瞬時に見極めることができるのです。

この能力の差が、生涯的な富の差を生むのです。
生涯的な富の差は一度一気に開いてしまったら、天変地異レベルのラッキーがない限り埋めることはできないでしょう。
つまり、負債に対して投資をする癖や習慣を消さない限りいつまでも貧乏になるしか道はないのです。

■お金持ちと貧乏人の習慣と行動の違い その2

『貧乏人は有害なものを拒まないが、お金持ちはそれらを拒む』

裕福で成功しているお金持ち達は、同じように裕福で成功しているお金持ちたちと時間を共にします。
同じ時間を共にする人たちの中には貧乏人と呼ばれる人たちはいません。
そしてそこから出てくる言葉は、『今日はどれだけ儲けた』、『あのビジネスは先見性があるよ』といったポジティブな言葉やお金持ちになるための言葉が並んでいます。

一方で貧乏な人たちは、自分たちと同じ環境にいるような貧乏な人達と時間を共にしています。
同じように、貧乏人と時間を共にする人達の中に、お金持ちはいません。
そしてそこから出てくる言葉は、「今月もうお金ない、どうしよう?」といった言葉や、
「返済が間に合わない」といったマイナスの言葉やお金がないことに対する悲鳴が聞こえてきます。

もしあなたがお金持ちなら、貧乏人たちの会話を聞いていたとしたらどう思うでしょうか?
間違いなく居心地は悪いと思うのでその場から離れるでしょう。
むしろお金を持っているということで、嫉妬等の対象になるのでそれを避けるために逃げるでしょう。
運とかツキの考え方で言えば、貧乏神が移ると考えて近寄らないでしょう。

一方であなたが貧乏人で、めったにない幸運でお金持ちの集まりに入れたとしましょう。
おそらく聞こえてくる会話の内容や身につけているもの等の違いから居づらさを感じるでしょう。
もしかしたらお金持ちの人と勝手に比較を始め、惨めになってその場を立ち去る人もいるでしょう。
そして同じように貧乏な人達のところに舞い戻ってくるのです。
待っているのはお金がないという悲鳴や借金の返済などに明け暮れ、自堕落な生活を送るだけかもしれません。

しかし、今は貧乏かもしれませんがいずれはお金持ちになりたいと願っているなら、これを読んでいるみなさんはこのお金持ちたちのいる環境へ飛び込まなければいけないのです。
そうしてそこで気づいた人脈や人間関係を生かしつつ、自らがお金持ちになるための行動を継続し続ける必要があるのです。
確かに最初は居づらいかもしれませんが、継続して目的意識をもってその環境へ入り続けていることで自らの為になるのです。

■お金持ちと貧乏人の習慣と行動の違い  その3

『貧乏人はテレビを見るが、お金持ちはテレビを見ない』

仕事を終えて家に帰ってきたあなたは、ふとテレビの電源をつけました。
そこからチャンネルを回していると、面白い番組を見つけ、そこで見るのに時間を費やしてしまって、やろうとしたことを後回しにしてしまった……そんな経験はありませんか?

その時間をうまく使っていたら、今後のための人脈を作るための時間に使えたかもしれません。
すでにビジネスをされている方に関しては、自分のビジネスに時間を当てれたかもしれないですね。
だからこそ、自分自身に必要な情報に関しても最低限の時間で入手できるようにする必要があるのです。

一方でお金持ちの人たちは時間に対する生産性をものすごく大切にします。
なので1分1秒という時間をものすごく大切にするのです。
事実、多くのお金持ちの方がテレビを見ないという習慣を取り入れられています。
テレビをみる時間があるなら、いかにして生産性の高い時間とするかに重きを置いているのです。

今の時代はネット環境がものすごく発達し、テレビを見なくともスマホからでも見れるようになっており、しかも自分が欲しい情報のみを表示してくれるものまで出てきています。
それで必要な情報を誘惑を受けずに取得できるので時間も短縮できます。
いかに生産性の高い時間を生み出すために、不要な習慣を消せるか?という考え方を示した習慣ではないでしょうか?

■お金持ちと貧乏人の習慣と行動の違い  その4

『貧乏人は浪費をし、お金持ちは倹約をする』

一見お金持ちほどお金をたくさん使い、貧乏人ほど倹約しているというイメージがあります。
しかし実際はその逆の場合が多いです。
お金持ちである経営者や大富豪ほど無駄な税金を払わないために知識をつけ、節税をすることにこだわっています。
一方で貧乏人である 人達ほど入ってきたお金を貯めずにすぐに使ってしまう傾向が多いと思います。
そのお金は借金やローンの返済に消えたり、見栄を見せるため服装などのお金として消えていくことが多いです。お金を使うこと=悪いことというわけではありませんが、無意味なことに消えていくのです。
お金持ちに近づくための最大の近道は『無駄な支出を減らすこと』です。
それでもお金持ちに近づけない場合、収入源を増やすという選択肢が出てきます。
家計簿などをつけてみて自分の支出を管理をしてみるのもいいかもしれないですね。

■お金持ちと貧乏人の習慣と行動の違い  その5

『貧乏人はすぐにあきらめるが、お金持ちは最後までやり抜く』

最後の習慣と行動の違いはどちらかといえば、精神論的な意味合いが強いです。
あなたはなぜお金持ちになりたいのでしょうか?
そこにはあなたが絶対譲れない理由があって、お金持ちになるという決断をされたからこそ、今頑張られていると思います。

つらいことも悲しいこともあると思いますが、あきらめてしまえば今までの努力はすべて0になってしまうのです。

そして自分自身の人生は、自分自身が選択してきた結果の積み重ねなのです。
お金持ちになっている人は自分自身が『お金持ちになる』という決断をし、それに近づくための選択をし、あきらめずにやってきた結果そうなっているのです。
継続は力なりという言葉もあるとおり、やり続けたからこそ結果となっているのです。

一方で貧乏人はどうなのでしょうか?
すべての人がそうとは言いませんが、決断と行動の仕方次第ではその状況を変えることができたはずです。
しかしそれをしていないということは、心のどこかで「どうせやっても変わらない」というあきらめを持っているからではないでしょうか?

まずはあきらめる心を捨てましょう。
そうして一歩ずつでもいいので、お金持ちに近づく行動をしてみましょう。
そうすることで少しずつ見える世界も変わってくると思います。

■お金持ちと貧乏人の習慣と行動の違い  その6

『自分で考え、行動する』

いくら本を読んで知識を貯めても行動しなければ意味がありません。
失敗してもかまいません。失敗を経験と糧にすればそれは成功の元です。
とにかく行動しましょう。
インプットだけではなくアウトプットすることです。

貴方の人生は貴方が変える。貴方が決めるのです。
誰かが貴方の人生を決めるわけではありません。

http://sekainodaihugou.net/post-4429-4429

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう